あと一歩で皆既月食 2021年11月19日

 11月19日は夕方に部分月食が起こり、2021年は2度月食が見られます。1回目の5月26日はギリギリ皆既月食になりましたが、今回11月19日は、ギリギリ皆既月食に届かない大きな部分月食です。
 
 下に示したNASAが提供する月食図(月食が見られる地域)をご覧ください。5月26日の時と同様に、U1のラインが日本列島を横切っています。これよりも右側では本影による月食を全て見られますが、左側では月出帯食となり、月が欠けた状態で昇ってきます。
 
 月食は夕方見られます。欠け始めは18時20分よりも少し前で、東京ではまだ月が昇っていません。月の出となる16時29分は、月の左側が少し欠けた状態です。この後は、そのまま左側が欠けた状態で食が進行します。
 
 最大食を迎える18時過ぎになると、月の右下のごく一部だけが光る状態となります。98%まで欠けるのですが、皆既月食まであと2%届きません。残念ながらこれが最大食で、この後復帰が始まってしまいます。
 
 復帰の前半は月の右下から下側に光る部分が移ります。さらに時間が経過すると、光る部分が下側から左下へ移ります。最後は19時47分頃に月の本影が月の右上へ抜けて、3時間半にわたる月食が終了します。
 
 今回は皆既月食にこそなりませんが、月全体が赤銅色に染まって、皆既月食に近い美しい部分月食を楽しむことができるでしょう。

月食が見られる地域(NASA提供)

地球の影を通る月の経路

前半の欠け方

後半の欠け方

東京で見える位置  ※星座は最大食の頃