七夕の星を見つけよう −彦星(牽牛星)と織姫星−

 7月7日は七夕祭り。一年に一度だけ、牽牛と織姫のふたりが、天の川を渡って会うことを許された日。もしあなたがそんな境遇だったとしたらどうしますか?
 
 バカじゃないの。別のカレをつくればいいのよ!
 
ああ、幻滅・・・。それはともかく、悲しいふたりの伝説を思い出しながら、夜空に願いをかなえてみませんか。

七夕伝説

 まず最初に、七夕にまつわる中国のお話を紹介しましょう。

 天帝の娘は織女(しょくじょ)と呼ばれるたいそう美しい天女でした。織女は天帝から機(はた)を織るように言いつけられ、天の川のほとりで毎日機織りに精を出していました。織女が織る機はとても美しく、さまざまな色に光り輝いていました。

 あるとき天帝は、年頃の娘となった織女をかわいそうに思い、天の川の向こう岸に住む牽牛(けんぎゅう)という働き者の若者と、結婚させてやることにしました。こうして二人はめでたく結婚し、二人の幸せな生活が始まりました。しかし幸せのあまり、織女は機を織るのをすっかりやめてしまいました。

 これを見た天帝はすっかりお怒りになり、二人を引き離してしまいました。織女は泣いて天帝に頼んだところ、年に一度、7月7日だけ天の川を渡って、二人が会うことを許されたのだそうです。そして今でも二人は、織姫星と牽牛星(彦星)として天の川のほとりで輝いているのだそうです。

21時頃の星空

夜空全体を眺めてみると

 夜空全体を眺めてみましょう。総じて言うと、西半分(上の絵では右半分)が春の星座で、東半分が夏の星座といったところでしょうか。

 南西の空には大きな春の大三角が居座っており、おとめ座やうしかい座といった春を代表する星座が見えています。しし座などはもう西の空へすっかりと傾いて沈みかけています。南の空には赤いアンタレスのあるさそり座や、大きな将棋の駒の形をしたへびつかい座など、夏の星座が横たわっています。東の空からはこの日の主役のこと座やわし座をはじめとした、夏を代表する星座が昇ってきています。今日は七夕ですから、東の空に注目しましょう。

7月7日21時頃 星空全体の様子

東の空−彦星と織姫星が昇ってきているぞ

 東の空からは七夕の主役となる2つの星、彦星と織姫星が昇ってきています。見つけ方は次の星図のように、夏の大三角を目印にするとよいでしょう。

21時東天のようす

彦星と織姫星

 東の空を見てみましょう。この日の主役は何と言っても、彦星(牽牛星)と織姫星ですね。

   彦星 : わし座の1等星アルタイル
   織姫星 : こと座の1等星ベガ

 21時頃なら、この2星は東の方角に見えています。ちょうど天の川を挟むように位置しており、七夕伝説のとおりです。天の川の下側に見えているのがアルタイル(彦星)、上側に見えているのがベガ(織姫星)です。
 
 2つとも1等星と明るいですから、明るい都会の夜空でも見つけることができるでしょう。逆に都会では、明るい1等星しか見えないかもしれませんね(悲)。この2星の左側には、はくちょう座のデネブ(1等星)も見えますので、間違わないように気をつけましょう。

天の川

 残念ながらこの時間、天の川の高度はまだ40度あまりしかありません。空が暗くて透明度が良くないと、天の川を見るのは難しいかもしれません。本当に天の川を楽しむためには、もう少し時間が経って天の川の高度が高くならないといけません。次で紹介する0時頃ならOKでしょう。

 七夕伝説では、彦星と織姫星は1年に1度だけ、天の川を渡ってデートすると言われていますが、実際に星が動いていくわけではありません。天の川によっていつも分けられた二人は、ちょっとかわいそうな気がします。その上、実際のふたりの距離は、隔てること14.8光年。そんな遠い距離に置かれたふたりは、ますますもってかわいそうですね。

夏の大三角

 七夕の2星は、はくちょう座デネブとともに夏の大三角を構成していますので、この点も見逃さないようにしましょう。

0時頃の星空

天頂方向の空−天の川も見える!

7月8日0時 天頂付近の様子

彦星と織姫星

 0時ともなると、この日の主役たちは、天頂付近にまで昇りつめています。織姫星のベガはほぼ頭の真上付近、彦星のアルタイルも高度60度付近にあり、見上げるのに首が痛くなりそうです。

天の川

 でも高度が高くなったおかげで、21時頃では難しかった天の川も、条件さえ整えば楽に見ることができます。といっても条件が整えばの話で、明るい都会の空ではまず無理でしょう。可能な限り、田舎の暗い空で眺めたいものです。天の川は非常に淡いので、空の状態によって、見え方が全然違ってきます。空が暗い場所で、沸き立つ雲のように見える天の川を目の当たりにすると、きっと感動しますよ。

彦星から織姫星を見ると?

 ここで、「つるちゃんのプラネタリウム」ならではの、ちょっと変わった星空を紹介しましょう。ナント大胆にも、アルタイルへ行って、彦星から織姫星がどこに見えるか探してみましょう。

アルタイルから見た星座

織姫星はりゅう座の中へ

 上の絵を見てください。彦星から見た星空です。ベガ(織姫星)は、りゅう座の中(右上の方)へ移動し、天の川から遠く外れてしまいました。地球から見た場合と比べると、ベガまでの距離が25.3光年から14.8光年と近づいたため、その明るさも0.0等星から−1.1等星と、明るく見えるようになります。

夏の大三角がないよ

 地球から見た夏の大三角を彦星から見ることはできません。3つの1等星のうち、アルタイルが見当たりませんが、そりゃそうです。アルタイル(彦星)に来て星空を見ているのですから・・・。

他の星座もちょっと変

 地球からアルタイルまでの距離は16.8光年。たったの(?)16.8光年移動しただけで、星座の形はずいぶんと崩れてしまっています。先に出てきた0時頃の星空の場合と見比べてみてください。

 はくちょう座の十字架もちょっと変、左端に見えている秋の四辺形もちょっと変。全ての星座の形が微妙に違ってきています。中央右寄りにあるギリシャ神話の英雄ヘルクレス座などは、見る影もなくなってしまいました。

2017年は月がちょっと邪魔

 2017年は残念ながら、七夕の星を観察するのに適しません。というのも 7月7日の月齢が13.4で、2日後に満月をひかえた大きな月があるからです。月は夜空を明るく照らし、星たちの光を弱めてしまうからです。
 
 東を向いて夜空を見上げましょう。天の川を見るのは難しいかもしれませんが、大きな夏の大三角が見えますよ。上側の1等星が織姫星のベガで、右側の1等星が彦星のアルタイルです。七夕の星ですね!
 
 ついでにですが、この日は土星と木星が見えます。まず土星ですが、南の方角に見えます。月が近づいていますから月を目印にして、すぐ右隣をご覧になってください。
 
 それから木星は、南西の方角です。夜半の明星と言われるだけに、この時間帯に見える星の中で一番明るくて、金色に輝きます。これを機会に、ぜひ肉眼でご覧になってください。

夏の大三角と七夕の星

土星と木星も見える

七夕と星座に関する記事

 ベガ(織姫星)

 アルタイル(彦星)

 伝統的七夕(旧暦による七夕)

 七夕 過去の記事