水星が東方最大離角 2017年7月30日

 7月30日は水星が太陽の東側へ最も離れる東方最大離角となります。今回は年間3回起こる東方最大離角のうち、2番目に条件が良いものです。
 
 星図は日の入りから40分後、東京から西空の低空を眺めたようすです。まだまだ薄明が強く残っていて、空は明るい状態です。水星の明るさが0.4等とはいえ、肉眼で見つけるには骨が折れそうです。西の方角が地平線付くまで開けた場所から、双眼鏡を使って丁寧に探してください。ポツンと光る水星を見つけられるでしょう。

日の出時刻における水星の位置変化(5日間隔)

関連記事
  2017年4月1日 水星が東方最大離角