水星が西方最大離角 2019年2月27日

 2月27日は今年初めて水星の西方最大離角となります。
 
 西方最大離角とは地球から見た内惑星が、太陽の西側へ最も離れることです。水星は太陽系で最も内側を回る惑星ですので、いつも太陽の近くにあり、観測しづらい天体です。しかし、最大離角の頃なら太陽から離れて見やすくなり、観測好機となります。
 
 下の星図は日の入りから40分が経過した18時14分、東京から見た西天のようすです。空はまだ明るくて、完全に暗くなるのに、あと44分必要です。-0.3等の明るさがあるとはいえ、背景の明るさに負けて見づらいでしょう。しかも水星の高度は9度と低い位置です。

日の入り時刻における水星の位置変化

 この後、時間の経過とともに空が暗くなって見やすくなりますが、水星の高度が下がります。地球の大気による減光を受けて見づらくなりますから、双眼鏡をお持ちの方は使用された方が良いでしょう。

関連記事
  2018年12月15日 水星が西方最大離角