水星と金星が大接近して見つけやすい 2020年5月22日

 5月22日の夕方は、水星と金星が0.9度まで大接近します。

 水星は薄明中にしか見ることができず、目印の星がなくて、探すのに苦労した経験がある方も多いでしょう。しかしこの日なら、非常に明るい金星がすぐ隣にあります。探す苦労はほとんど必要ありませんから、誰でも簡単に水星を見つけることができます。

 下の星図は東京で日の入りから30分が経過した西北西の空の様子です。空はまだ明るくて、薄明が強く残っています。実際はもう少し時間がたたないと、肉眼で見るのは難しいかもしれません。空の低い位置で明るく光る金星を見つけましょう。そのすぐ左隣に注目すると、-0.6等の水星がすぐに見つかります。

5月22日19時15分 西北西の低空で並んだ水星と金星

関連記事
  2016年2月13日 水星と金星が斜めに並ぶ