10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)

 10月りゅう座流星群は以前はジャコビニ流星群として知られ、大出現して世界中を驚かせたことのある流星群です。10月りゅう座流星群は母彗星であるジャコビニ・ジンナー彗星が回帰した時は活発に活動します。しかし、それ以外の年は出現数が極端に少なくなるという特徴があります。

2016年は10月8日夕方から夜半前が見ごろ、条件はまずまず

 2016年の10月りゅう座流星群の観測条件はまずまずです。極大は2016年10月8日の21時ごろで、輻射点が高い位置にある時間帯です。極大時刻の条件は最良といってもよいでしょう。

 次に、月の条件です。月齢7.4ということで極大日が上弦にあたり、あいにく半月の影響を受けてしまいます。しかし、19時の月の高度は東京の場合で30度を切っており、月の影響は思ったよりも少なくてすみそうです。総合的にみると 2016年の観測条件はまずまずといったところでしょうか。夕方から夜半にかけて観測しましょう。

 次回ジャコビニ・ジンナー彗星が回帰するのは2018年9月ですから、2016年の出現数はあまり期待できそうにありません。おそらく1時間あたりに最大でも数個にとどまると思われます。

 10月りゅう座流星群の流星はフワッとゆっくり流れます。特徴的で独特な飛び方ですから、ぜひ一度ご覧になってみてください。

10月りゅう座流星群の出現イメージ

 以降では、10月りゅう座流星群について詳しく解説していますのでお読みください。

10月りゅう座流星群とは

 ジャコビニ流星群というと聞き覚えがあるかもわかりませんが、10月りゅう座流星群とは聞きなれない方が多いでしょう。当サイトの天体観測ガイドで取り上げるのも初めてです。ジャコビニ・ジンナー彗星を母彗星とする流星群であるため、以前はジャコビニ流星群と呼ばれていました。しかし国際天文連合(IAU)による公式名称が10月りゅう座流星群と確定したため、現在ではこのように呼ばれています。

活動期間

 活動期間は10月5日から10月13日とされています。極大日は10月8日か10月9日となる年が多くなりますが、年によってはほとんど出現しない年もあります。それというのも10月りゅう座流星群は、若い流星群であるため流星のもととなるチリの分布がまばらで、母彗星が回帰した時にだけ活動するのです。ですから母彗星が回帰しない年は流星の出現数がきわめて少なく、1時間に数個見れたらいい方です。しかし、母彗星が回帰する年にタイミングが合うと大出現し、皆を驚かせる気まぐれな流星群です。

過去には大出現

 10月りゅう座流星群の過去の歴史を振り返ると、ジャコビニ流星群として知られた頃から13年ごとに大出現しています。それでは、その歴史を振り返ってみましょう。

1933年にヨーロッパで流星嵐

 まず最初は1933年にヨーロッパで流星嵐が見られました。イタリアでは1分間に480個の流星が見られたといいます。ZHR(最高の条件下を仮定した場合の1時間換算出現数)では12,000個に達し、世界中にジャコビニ流星群の名をとどろかせました。

1946年にアメリカで流星嵐

 1933年から13年後となる1946年には、アメリカで流星嵐が観測されました。この時は13年前よりも規模が大きく、ZHR(最良の条件下換算)で 12,000個から15,000個 に達しました。

1972年は日本で空振り

 日本では1972年10月8日に、大流星嵐が見られるのではないかと期待されました。れというのも1933年や1946年に見られた流星嵐の時よりも条件が良く、母彗星の軌道が地球の軌道に0.0007AU(約10万Km)まで近づいたからです。月までの距離が38万Kmであることを考えると、その近さがわかるというものです。しかし実際には流星はほとんど観測されず、完全な空振りに終わってしまいました。

1985年と1998年に多数出現

 空振りとなった1972年から13年後となる1985年は、1972年よりも条件が悪かったことから、あまり期待されていませんでした。しかし日本で10月8日の19時頃に、ZHR換算で220個の流星が出現しました。しかしピークは短時間で終わったようです。また、その13年後となる1998年も活発に活動し、10月8日22時頃にZHR換算で720個の流星が見られました。

見える方向と時間

 輻射点(放射点)はりゅう座の頭付近にあります。したがって10月頃だと夕方に高度が高くなり、時間の経過とともに高度が下がってきます。つまり、夕方頃が最も良い条件となります。見える方向はそれほど考えなくても大丈夫なのですが、輻射点のある方向を見たい方は、北西から北の方角に注目するとよいでしょう。

流星の見え方

 10月りゅう座流星群のもととなるチリは、秒速20Kmという速さで地球へ飛び込んできます。これは流星としては遅いもので、ゆっくりした速度で流れるのが特徴です。といっても流れ星は一瞬で消えてしまうことに変わりはありません。また、流星は暗いものが多いですから、空が十分に暗い場所から観測されることをおすすめします。

流星の数

 通常の出現数は非常に少なく、1時間当たりに最大で数個しか見ることができません。ひどい年にはほとんど出現しないこともあります。しかし、母彗星のジャコビニ・ジンナー彗星が回帰すると、出現数がぐっと多くなります。もしかすると運良く流星雨が見られるかも!?

過去の記事

 過去に当サイトで紹介した記事を10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群) 過去の記事のページでまとめました。もしよろしければご覧ください。