ポータブル赤道儀(ポタ赤)を買っちゃおう

 天体写真を撮影するのに必要なのは、星の動を追尾する赤道儀。赤道儀というと大きくて重たいイメージがありますが、ミラーレス一眼レフカメラが普及するなど、小型・軽量化のニーズが高まっています。

 そんな中で注目されるのが超小型の赤道儀で、以前からポータブル赤道儀(ポタ赤)と呼ばれてきたジャンルです。近年は無駄を徹底的に省略した新たな機種も登場し、グッと選択の幅が広がりました。

オススメのポータブル赤道儀

 地球が自転するため、恒星は位置がどんどんとズレていきます。このため天体写真撮影では、星の動きに合わせて追尾する赤道儀が必要になります。最近は星野写真撮影にターゲットを絞ったポータブル赤道儀の数が増えてきました。それぞれ個性的で特徴がありますから、よく比較検討してから購入してください。

写真イメージまたは商品名称をクリックすると、YAHOO!ショッピングへ飛びます。検索結果が何件も表示されますが、複数の販売会社が参入しているためです。あなたに合った良い条件のものを探しましょう。
購入される前には必ず支払い、配送、返品などの条件を確認してください。

 YAHOO!ショッピングで検索文字列が文字化けし、正しく表示できないケースが多発しています。大変申し訳ございませんが、YAHOO!ショッピングで検索文字列を手入力してみてください。

写真イメージ 機種名 重さ つるちゃんの説明
ビクセン 星空雲台ポラリエ 740g ビクセンから2011年11月より発売開始された、新しいコンセプトの超小型赤道儀。小型のデジタルカメラ使用を前提に、徹底した小型化と軽量化が図られ、発売当初から新しいコンセプトの赤道儀だと話題になりました。積載重量は2Kgまでということで、小型のカメラなら十分でしょう。北極星に合わせるための穴が空いていますが、別売りの極軸望遠鏡を使用することもできます。

三脚と雲台に加えてポラリエ用の雲台が別に必要です。三脚とのセット品も販売されており、この場合は雲台の購入が不要です。手軽に星野撮影を楽しみたい方にとって本命といえそうです。

 
NEWナノトラッカー 480g サイトロン・ジャバン社から2012年7月から発売開始された超小型赤道儀の後継機種で、2015年5月から発売されています。NEWナノトラッカーは USB mini-B タイプの外部電源ポートが追加されています。

ナノがつく製品名称のとおり、手のひらにすっぽり収まるサイズが魅力で、ポラリエよりもさらに小型です。重さはコントローラ部を含めても480g しかなく、まさに小型軽量。その割に積載重量が2Kgありますから、本格的な撮影でなければ十分でしょう。

北半球での極軸合わせは「北極星のぞき穴」を使用しますが、穴の位置が悪くて少し合わせづらいこともあるようです。三脚と雲台に加えてナノトラッカー用の雲台も別に必要です。しかし2万円台の実売価格を考えれば買い得感があります。

 
スカイメモS 本体重量
約5Kg
ポータブル赤道儀で昔からの定番といえば、ケンコー・トキナー社から発売されているスカイメモでしょう。極軸望遠鏡と明視野証明が内臓されており、簡易なポータブル赤道儀よりも長い時間のノータッチガイド撮影が可能です。

また恒星モード以外も 月、太陽、0.5倍速、2倍速、6倍速、12倍速の追尾モードがあります。単3形アルカリ乾電池4本(別売)を使用し、約72時間の連続使用が可能とのことです。別売りのシャッターケーブルを購入するとインターバル撮影も可能になります。

三脚、バランスウェイト、雲台、微動雲台は別売りですので注意してください。
 
APフォトガイダー 総重量
5.4Kg
ビクセン製のAP赤道儀をベースにしたポータブル星野赤道儀です。STAR BOOK ONEコントローラにより、自動導入が可能です。極軸望遠鏡と明視野証明が内臓されており、簡易なポータブル赤道儀よりも長い時間のノータッチガイド撮影が可能です。

電源はビクセンで用意されていませんので、自分で用意する必要があります。USB Micro-B タイプの外部電源ポートが装備されていますので、何かと便利でしょう。
 

 


つるちゃんのプラネタリウム 買っちゃおう天体観測用品