天体観測用の双眼鏡を買っちゃおう

 天体観測用の双眼鏡を紹介します。購入される前に、「天体観測入門」の中にある双眼鏡の選び方を読まれることをおすすめします。

つるちゃんオススメの双眼鏡

 双眼鏡も天体望遠鏡と同様に、さまざまなメーカからさまざまな機種が発売されています。その中で、天体観測で使用するのによいのではないかと思われるものをあげてみました。

写真イメージまたは商品名称をクリックすると、YAHOO!ショッピングへ飛びます。検索結果が何件も表示されますが、複数の販売会社が参入しているためです。あなたに合った良い条件のものを探しましょう。
購入される前には必ず支払い、配送、返品などの条件を確認してください。

 YAHOO!ショッピングで検索文字列が文字化けし、正しく表示できないケースが多発しています。大変申し訳ございませんが、YAHOO!ショッピングで検索文字列を手入力してみてください。

写真イメージ 機種名 倍率 口径 実視界 重さ つるちゃんの説明
ビクセン アスコットZR8×42WP 8倍 42mm 8.2゜ 870g 口径は42mmで50mmには及びませんが、天体観測で必要となる最小限の口径は確保しています。倍率が8倍であるにもかかわらず、実視界が8.2度もあり、広視界を確保しています。重さも870gと実用的で、手軽に天体観測を楽しめる実用的な双眼鏡といえます。
 
ビクセン アスコットZR7×50WP 7倍 50mm 6.4゜ 1,015g 7x50mmという、天体観測で用いられる最も一般的なスペックを持つ双眼鏡です。天体観測の入門機として活躍するのは間違いありません。少し夜空が明るい場所で使用することが多い人は、10x50mmのアスコットZR10×50WP(W)を選択するのも良いでしょう。
 
ビクセン アスコットZR10×50WP 10倍 50mm 6.5゜ 1,040g 口径が50mmあって天体観測用の双眼鏡に適しています。周囲が明るい都会では瞳が7mmまで開きませんから、ひとみ径が5mmしかない10倍でも問題ありません。ただ、重さは1040gと少し重くなります。7倍のものと比べて視野が広いというお得感があり、初心者の方にイチオシです。
 
フォレスタ ZR 7×50WP 7倍 50mm 7.1゜ 930g フォレスタシリーズの双眼鏡は、新設計の光学系により明るく鮮明な視界を実現しています。しかもアスコットシリーズよりも軽量な上に視界も7.1゜もあります。防水仕様なので夜露がついても安心ですが、値段的に高くなってしまいます。
 
アルテス HR 8.5×45 WP 8.5倍 45mm 7.0゜ 885g アルテスシリーズはビクセンで最上級モデルの双眼鏡です。それだけに価格帯が一ケタ違っています。マグネシウム合金ボディによって軽量に仕上がっています。またEDガラスレンズやプリズムに最高級材質の「SK15」を採用するなど、メーカによると唯一無二の存在とのことです。

実際にのぞいてみると、視野全体のフラット感や視野周辺部での像の安定感など、他の機種との差は歴然です。しかし値段が・・・。
 
ビクセン アークBR16×80WP(W) 16倍 80mm 4.3゜ 2,390g 80mmという天体望遠鏡並みの口径を持ちます。それだけに暗い星まで見えて、天体観測を満喫できます。しかし重さが2Kgを超えている上に倍率も16倍と高いため、三脚に固定して観測することが前提になります。
 
ビクセン SG2.1x42 2.1倍 42mm 12.2゜ 410g 実視界が12.2度もあるというユニークな双眼鏡。ガリレオ式のため、アイポイント位置を5.6mmまでレンズ側へ目の位置を近づけると、実視界は28度まで広がる。肉眼では見えない星が見える上に視界が広く、星座散策に適しています。
 
ニコン 7x50SP防水型 7倍 50mm 7.3゜ 1,485g 天体観測者の間で定評のあるニコン製双眼鏡です。7x50mmで使いやすく、視界が平坦な上に視野の端の方まで鋭い星像を楽しめます。高価なのが難点ですが、買って損のない双眼鏡といえます。
 
ニコン 10x70SP防水型 10倍 70mm 5.1゜ 2,100g 天体観測者の間で定評のあるニコン製双眼鏡です。視界が平坦で視野の端の方まで鋭い星像を楽しめるのは7x50mmと同じです。口径が70mmもあるので暗い天体まで観測することができます。倍率は10倍と比較的低めなので、短時間なら三脚に固定しなくてもどうにか観測できます。つるちゃんも使っています。
 
キャノン 18x50 IS 防振 18倍 50mm 3.7゜ 1,180g 手ブレ補正機を搭載した双眼鏡です。倍率は18倍と高いのですが、手ぶれが少ないため、三脚に固定しなくてもじっくりと天体観測を行うことができます。天体観測者の間で好評です。
 



ミザールの双眼鏡

 有名メーカ品でなくても天体観測用の割安な双眼鏡が欲しい。ここではそんなご要望にお応えする双眼鏡を紹介します。いずれも天体望遠鏡も製造しているミザールという老舗の国産メーカで信頼できます。クリックすると、YAHOO!ショッピングへ飛びます。

写真イメージ 機種名 倍率 口径 実視界 重さ つるちゃんの説明
ミザール BK-8040 8倍 40mm 6.0゜ 620g 国産の老舗メーカ、ミザールの双眼鏡。口径は40mmで50mmには及びませんが、天体観測で必要となる最小限の口径は確保しています。小型で持ち運びがしやすく、天体観測だけでなく一般用としても活躍しそうです。ソフトケース付き。
 
ミザール BK-7050 7倍 50mm 6.4゜ 840g 7x50mmという、天体観測で用いられる最も一般的なスペックを持つ双眼鏡です。重さは840gと1Kgを切っており、使いやすいでしょう。ソフトケース付き。
 
ミザール SW-422 4倍 22mm 17゜ 360g 実視界が17度という広視界を実現したコンパクトタイプのスーパーワイド双眼鏡。口径が22mmと小さいので天体観測にはやや不利ですが、自然観望など全般的に広くご使用いただけます。生産休止中とのことで早い者勝ち。
 



オリンパスの双眼鏡

 オリンパスといえばカメラで有名なメーカですが、双眼鏡も製造しています。全体的に価格もリーズナブルでおトク感満載。

 クリックすると、オリンパスオンラインショップのページへ飛びます。購入される際にはオンラインショップ内にあるご利用ガイドをご一読ください。

写真イメージ 機種名 倍率 口径 実視界 重さ つるちゃんの説明
OLYMPUS 8×40 DPS I 8倍 40mm 8.2゜ 710g 本格派スタンダードタイプのポロプリズム双眼鏡で、高級感のある洗練されたデザインです。広角仕様なので、8度を超えるワイドな視界を実現しています。口径は40mmで50mmには及びませんが、天体観測で必要となる最小限の口径は確保しています。価格もリーズナブル。
 
8×42EXWP I 8倍 42mm 6.3゜ 650g ダハプリズム式の双眼鏡ですから、とてもコンパクトに仕上がっています。窒素ガス封入式の防水設計なので、天体観測時に多少の夜露がついても安心です。すべてのレンズ / プリズム全面にマルチコーティングがほどこされ、透明感のある抜けの良い視界を実現しています。天体観測以外でも使えそうな双眼鏡。
 



まだまだあるぞ、双眼鏡

 上で取り上げた機種以外にも双眼鏡はたくさんあります。下のリンクから自分に合った双眼鏡を探してみてください。必ずしも値段だけで判断はできませんが、極端に安いものは天体観測では使い物にならないケースが十分あり得ますのでご注意ください。

次にある双眼鏡のリンクをクリックすると、YAHOO!ショッピングへ飛びます。

双眼鏡


つるちゃんのプラネタリウム 買っちゃおう天体観測用品