お手軽な天体望遠鏡を買っちゃおう


 天体望遠鏡といってもいろいろあって値段もピンキリです。そんな中で「月のクレーターと土星の環と木星の縞模様が見れたら十分。とにかく安いのが欲しい」 という方もおられるのではないでしょうか。

 そんなあなたのために天体観測の第一歩として、安価で買える天体望遠鏡を選んでみました。安い価格帯だけに、本格的な天体観測をするためにはガマンしなければならない部分があるのも事実ですが、月や惑星観測だけならばこれで十分です。

写真イメージまたは機種名をクリックすると、YAHOO!ショッピングへ飛びます。ひとつの機種に対して何件も表示されますが、複数の販売会社が参入しているためです。あなたに合った良い条件のものを探しましょう。
購入される前には必ず支払い、配送、返品などの条件を確認してください。

 YAHOO!ショッピングで検索文字列が文字化けし、正しく表示できないケースが多発しています。大変申し訳ございませんが、YAHOO!ショッピングで検索文字列を手入力してみてください。

ミザールテック製天体望遠鏡

 ミザールテックというメーカですが、昭和32年から天体望遠鏡を販売している老舗のメーカです。まだつるちゃんが天体観測を始めたばかりの若かりし頃から既にあったメーカで、友達が使っていました。う〜ん、懐かしい!

ミザールテックの商品説明に関する公式ページ
写真イメージ 機種名 口径 焦点距離 形式 架台 つるちゃんの説明
ミザール ST-700 60mm 700mm 屈折 経緯台 ミザール製天体望遠鏡。国産の老舗メーカだけに安心感があります。口径は60mmと小さめですが、月のクレータや土星の環、木星の縞模様を確認するくらいなら十分です。上下方向は微動装置がありますが、水平方向の微動装置はありません。水平方向は手で回転させて目標とする天体に合わせる必要があります。

天頂プリズム(天頂ミラー)は頭の真上付近にある天体を観測する時に役立ちます。接眼レンズはH20mm(35倍)、H12.5mm(56倍)、SR4mm(175倍)です。しかし175倍は過剰倍率ですから、見え方には期待しない方がよいでしょう。他に3倍バローレンズ、地上用接眼アダプターが付属します。とにかく安いので入門機としてオススメです。

 
ミザール MT-70R 70mm 700mm 屈折 経緯台 口径は70mmあるので、60mmのST-700よりも少し余裕があります。水平方向は全周微動で、垂直方向も170度の微動装置がついていますから、天体の追跡は楽です。ファインダーも6倍×30mmとワンサイズ大きめなので、暗い天体を導入する時に威力を発揮します。

接眼レンズはH20mm(35倍)、H9mm(77倍)、です。高倍率は2倍バローレンズを使用することで154倍が得られますが、星像はあまり期待しない方がよいでしょう。三脚は2段式のアルミ製です。

全体的に予算が許せば、文句なしにST-700よりもオススメです。
 
ミザール K-624 80mm 800mm 屈折 経緯台 K-624は屈折式経緯台です。口径が80mmありますから、入門機としては上位に位置付けられます。もちろん上下水平の微動装置付きですから、天体を追尾するのは楽でしょう。

接眼レンズ(アイピース)はK20mm(40倍)、F12.5mm(64倍)、F6mm(133倍)が付属します。天頂プリズム(天頂ミラー)と2倍バローレンズが付属します。ファインダーは5倍×20mmと、このクラスにしては小さく、暗い天体導入は少々しんどいかもしれません。組立が簡単なワンタッチ式2段スチール三脚が付いています。

実売価格でMT-70Rよりも2万円程度高くなることを考えると、MT-70Rの方をおすすめします。
 
ミザール LTH-150SS 150mm 750mm 反射 赤道儀 こちらはナント、口径150mmの反射式天体望遠鏡です。架台は赤道儀式です。150mmという大口径ですから惑星観測もなんのその。星雲・星団もこなせそうです。

主鏡は放物面ではなく球面仕様ですので、見え方にどの程度影響するのか未知数です。それからパッと見たところ赤道儀が少しひ弱そうな感じがします。これらは値段でカバーするという割り切りが必要になるかもしれません。

接眼レンズはK25mm(30倍)、PL12.5mm(60倍)、PL6.5mm(115倍)で、この価格帯としては高級な接眼レンズです。高倍率が必要な場合は付属の3倍バローレンズを使います。

安価で大口径の赤道儀式天体望遠鏡が欲しいという方におすすめです。

 

ケンコー・トキナーの天体望遠鏡

 お手軽な天体望遠鏡はミザール以外にもたくさんあります。その中でもコストパフォーマンスが高いことで知られているのがケンコー・トキナー製天体望遠鏡です。ケンコー・トキナーはカメラレンズのフィルターで有名ですね。また、割安な天体望遠鏡を製造するメーカとして昔から活躍しており、天体望遠鏡のほかにも双眼鏡、顕微鏡、プラネタリウムなどを製造しているメーカです。

ケンコー・トキナーの商品説明に関する公式ページ
写真イメージ 機種名 口径 焦点距離 形式 架台 つるちゃんの説明
ケンコー NEWスターライト 60mm 700mm 屈折 経緯台 口径は60mmです。Kenko Tokina製天体望遠鏡の中で安い入門機として定番となっています。鏡筒は750g、架台と三脚は1300gしかありませんから、女性でも手軽に持ち運ぶことができます。ファインダーはレッド・ドット・ファインダーと呼ばれる等倍式のものです。どういうわけかアクロマートレンズの記載がなく、不安があります。

倍率は35倍(F20mm)、58倍(F12mm)、175倍(SR4mm)ですが、この望遠鏡での175倍は完全に過剰倍率です。3倍バローレンズ、天頂プリズム(天頂ミラー)などが付属します。

1万円そこそこで入門機が買えるのですから文句ないと言いたいところですが、天体観測用として使いたいあなたにはあまりオススメしません。

 
ケンコー SKY WALKER SW-0 50mm 360mm 屈折 経緯台 口径は50mmで焦点距離が360mmしかない小型の天体望遠鏡です。こちらもアクロマートレンズの記載がありません。短焦点設計で持ち運びには便利ですが、天体観測用としては色収差が目立ってしまって観測しづらいでしょう。

架台には微動装置がありませんので、高倍率での観測は厳しいものがあります。ファインダーは5倍×24mmで、このクラスとしては普通です。接眼レンズは種類が記載されていません。倍率は18倍、29倍、90倍です。3倍バローレンズ、天頂プリズム(天頂ミラー)に加えて地上観測用プリズムが付属します。

1万円を切る価格帯自体は安いのですが、つるちゃん的にはあまりオススメしません。

 
ケンコー SKY WALKER SW-T PC 76mm 300mm 反射 経緯台 卓上型ドブソニアンを採用したユニークな機種です。ドブソニアンとは、三脚を含めた架台部分を極限まで簡略化し、安価でコンパクトでかつ、機動的に観測できるようにした望遠鏡のことです。

口径は76mmと入門機としては十分です。焦点距離が屈折式よりも短くなる反射式ですが、それにしても焦点距離が300mmしかありません。ここまで短いと星像に影響すると思っておいた方が良いでしょう。しかしそのおかげで、非常にコンパクトな望遠鏡に仕上がっています。

倍率は15倍(H20mm)と75倍(H4mm)ですが、15倍は天体観測用としてはかなり低い目です。3倍バローレンズが付属しますので、こちらで45倍を出すことができますが、星像の悪化は避けられません。また、デジアイピースと呼ばれるWindowsのPCで画像を確認するための接眼レンズも付属します。ファインダーは5倍×24mmと普通です。

全体的に何かとユニークな望遠鏡に仕上がっており、メーカのチャレンジ精神を感じます。「こういう望遠鏡が欲しい」という方は、他に選択の余地がありませんよ。
 


つるちゃんのプラネタリウム 買っちゃおう天体観測用品