木星と土星が0.1度の超大接近 2020年12月21日から22日

20年ぶりの接近

 12月22日の3時ごろ、木星と土星が見かけ上、最接近します。前回接近したのは2000年5月19日でしたから、今回は実に20年ぶりの接近です。しかも今回は0.1度という超がつく大接近となりますから、絶対に見逃せません。

日本での最接近は12月21日

 最接近は12月22日の3時16分ですが、日本では地平線下で観測することができません。18時に観測すると仮定した場合、木星と土星が最も近づくのは僅差で21日になり、7分角を切るところまで近づきます。しかし、22日も負けないくらいの大接近ですので、両日とも見逃さないでください。
 
 下の星図は12月21日の18時ごろのようすです。南西の低い位置で木星と土星が重なるように描画されています。

12月21日18時に見える位置

20倍に拡大

 20倍に拡大した星図も用意しました。これを見ると、21日は斜めに並び、22日は横に並ぶことがわかります。両惑星は相当に接近した状態ではありますが、天体望遠鏡で観測したときに重なって見えるわけではありません。

12月21日18時の場合(拡大図)

12月22日18時の場合(拡大図)

18日間も続く大接近

 18時という時刻に観測した場合、12月13日から12月30日までの18日間、1度を切った状態をキープします。こんなに長く大接近した状態が続くのは嬉しい限りですが、これはもちろん木星と土星が遠いところにある惑星で、動きが緩やかなためです。

日付 木星と土星の間隔
(18時の場合)
12月12日 1.0度
12月13日 0.9度
12月14日 0.8度
12月15日 0.7度
12月16日 0.6度
12月17日 0.5度
12月18日 0.4度
12月19日 0.3度
12月20日 0.2度
12月21日 0.1度
12月22日 0.1度
12月23日 0.2度
12月24日 0.3度
12月25日 0.4度
12月26日 0.5度
12月27日 0.6度
12月28日 0.8度
12月29日 0.9度
12月30日 1.0度
12月31日 1.1度

20年ごとに近づくウンチク

 木星と土星は20年ごとに近づきます。これは、木星と土星の公転周期の違いによります。木星の公転周期は12年ですから、太陽を中心にして1年あたり30度動きます。一方、土星の公転周期は30年ですから、1年あたり12度動きます。ですから1年たつと、二つの惑星の位置は18度ズレます。ズレが360度に達すると会合しますので、360度を18度で割ると20。つまり、20年ごとに接近するというわけです。

次回は2040年

 次回、木星と土星が近づくのは2040年10月31日です。このときは残念ながら、今回よりも間隔が開いてしまいます。しかしそれでも 1.1度まで接近して、私たちを楽しませてくれるでしょう。また、今回と同程度に近づくのは、2080年3月15日です。

関連記事
  なし