金星と木星が0.5度の大接近 2023年3月2日

 3月2日の夕方、金星と木星が大接近します。
 
 星図のように3月2日の19時ごろ、西の方角の低い位置をご覧ください。東京では12度ほどの高度に金星と木星が見え、わずか0.5度の間隔で並んでいます。惑星の中で最も明るい金星と、2番目に明るい木星が近づくという、言ってみればゴールデンペアの大接近です。
 
 昨年起こった超接近よりも間隔は広がりますが、それでも0.5度という大接近。しかも、空が暗い時間帯に見えて高度も高い目ですから、2023年の方が観測しやすいでしょう。

 前日も1度を切る大接近状態ですから、3月1日も注目してください。

日付 間隔(19時)
2月26日 3.8度
2月27日 2.8度
2月28日 1.9度
3月 1日 0.9度
3月 2日 0.5度
3月 3日 1.3度
3月 4日 2.2度
3月 5日 3.2度
関連記事
  2022年5月1日 金星と木星が0.2度まで超接近