アンタレス食 2023年9月21日

 2023年9月21日は日本各地でアンタレス食が見られます。
 
 アンタレス食とは、月がアンタレスの上を通り過ぎ、一時的にアンタレスを隠す現象です。今回のアンタレス食は夕方の早い時間帯に起こります。東京の場合、潜入は17時26分頃ですが、日の入りが17時40分ですから、天体望遠鏡を使わないと観測は不可能です。観測しやすいのは出現の方です。東京では18時51分ごろで、空もだいぶ暗くなっています。

東京でアンタレス出現の頃

月に対するアンタレスの移動経路(日本各地、8地点)

 東京ではアンタレス食が12月12日にも起こります。しかし、昼間の現象である上に低空で、条件が良くありません。条件の良い1等星の食はあまり起こりませんから、この機会を逃さず観測しましょう。

関連記事
  2009年9月24日 白昼のアンタレス食