2020年も半影月食が3度見られる

 2020年は2016年に続いて半影月食が3度見られます。2016年と違って2020年はギリギリ半影をかすめるといったものはなく、余裕で3度の半影月食を達成します。

半影月食が1暦年に3度見られるは珍しい?

 2016年の記事を作ったときは、1暦年に3度も半影月食が見られるのは珍しいと思っていました。それというのも、つるちゃん自身には記憶がありませんでした。実際にザッと調べた限りでは、2016年の前に東京で見られたのは1973年で、43年ぶりのことでした。

 今後東京で見られる年を調べてみたところ、2049年、2056年、2085年、2096年にも起こるようです。こうしてみると、当初思っていたほど珍しい現象ではないのかもしれませんが、頻繁に起こっている現象でもなさそうです。

1月11日 食分0.92の半影部分月食

 半影月食の1回目は1月11日に起こります。月は地球の本影近くまで近づきますから、最大食の4時10分ごろは、本影に近い側が少し暗くなっているのに気づくかもしれません。

2020年1月11日の場合

6月6日 また4時台に最大食

 2回目は6月6日です。食分は0.59と前回よりも浅くなっています。今回も最大食が4時台の4時25分ですが、前回の1月と違って今回は6月。日の出も4時25分ですから、この時間帯に観測するのは難しいでしょう。

2020年6月6日の場合

11月30日 夕方に半影食分0.85

 3回目は11月30日です。この日は16時30分に始まりますが、日の入りが16時28分ということで、東京では日の入りとほぼ同時に半影食が始まります。最大食分が0.85ということで微妙ですが、もしかすると最大食のころに注意すると、本影に近い側が薄暗くなっているのに気づかれるかもしれません。

2020年11月30日の場合