金星と土星も今年2度目の接近 2019年12月11日

 11月24日に金星と木星が今年2度目の接近を果たしたのは、記憶に新しいところです。今度は12月11日に、金星と土星が今年2度目の接近となります。
 
 下の星図は夕方の17時30分ごろ、南西の低い位置を眺めた様子です。まず目にとまるのは、-4.0等の金星です。非常に明るいですから、一目でそれとわかるでしょう。金星から右上へ1.8度離れたところに土星があります。薄明終了まであと30分ほどありますから、まだ少し薄明状態です。しかし土星も十分明るいので、見つけられなくはありません。

 12月9日から13日までは3度を切る接近状態が続きます。11日に見られない方は、日をずらしてご覧になってください。

関連記事
  2019年2月19日 金星と土星が大接近