木星と土星の20年ぶり接近は超大接近 2020年12月21日から22日

20年ぶりの接近

 2020年12月22日は木星と土星が見かけ上、最接近します。前回接近したのは2000年5月19日でしたから、今回は実に20年ぶりの接近です。しかも今回は0.1度という超がつく大接近となりますから、これを見逃す手はありません。

18日間も続く大接近状態

 18時という時刻に観測した場合、12月13日から12月30日までの18日間は、1度を切った状態をキープします。こんなに長く大接近状態が続くのは嬉しい限りですが、これはもちろん木星と土星が遠いところにある惑星で、動きが緩やかなためです。

日付 木星と土星の間隔
(18時の場合)
12月12日 1.0度
12月13日 0.9度
12月14日 0.8度
12月15日 0.7度
12月16日 0.7度
12月17日 0.5度
12月18日 0.4度
12月19日 0.3度
12月20日 0.2度
12月21日 0.1度
12月22日 0.1度
12月23日 0.2度
12月24日 0.4度
12月25日 0.4度
12月26日 0.5度
12月27日 0.6度
12月28日 0.8度
12月29日 0.9度
12月30日 1.0度
12月31日 1.1度

最接近は12月21日

 木星と土星が最も近づくのは12月21日から22日にかけてです。最接近は12月22日の3時16分ですが、日本では地平線下で観測できません。日本で観測できる18時に観測した場合、木星と土星が最も近づくのは21日になります。下の星図は12月21日の18時ごろのようすです。南西の低い位置で木星と土星が重なるように見えています。

12月21日18時に見える位置

20倍に拡大

 20倍に拡大した星図も用意しました。これを見ると、21日は斜めに並び、22日は横に並ぶことがわかります。両惑星は相当に接近した状態ではありますが、天体望遠鏡で観測したときに重なって見えるわけではありません。

12月21日18時の場合(拡大図)

12月22日18時の場合(拡大図)

次回は2040年

 次回、木星と土星が近づくのは2040年10月31日です。このときは残念ながら、今回よりも間隔が開いてしまいます。しかしそれでも 1.1度まで接近して、私たちを楽しませてくれるでしょう。

関連記事
  なし