木星と土星が近づく 2020年5月18日

 今年は年末に木星と土星が大接近します。それに向けて、見かけ上の間隔が縮まってきていましたが、5月18日以降はいったん間隔が開き始めます。木星と土星の間隔は4.7度で、今日が一回目の接近となります。
 
 朝の3時ごろに南の空を見ると、木星と土星が仲良く横に並んでいます。右側に見える明るい方が木星で、左側が土星です。

木星と土星の動き(赤道座標系で大きく拡大)

 木星と土星はそれぞれ 5月15日 と 5月11日 に留となります。拡大した星図をご覧ください。今までは恒星に対し、両惑星とも右から左へ動いていました。しかし留になって、いったん動きを止めます。
 
 以降は動く向きが変わり、左から右へ動くようになります。木星の方が土星よりも動きが大きいですから、間隔が開き始めるのです。そういう意味で5月18日は、木星と土星の一回目の最接近になります。
 
 年末に起こる二回目の接近は超がつく大接近です。お楽しみに!

関連記事
  2020年12月21日から22日 木星と土星の20年ぶりの接近は超大接近