火星食 2022年7月21日から22日にかけての夜

 2022年の7月21日から22日へ日付が替わる頃、火星が月に隠される火星食が起こります。
 
 多くの地域では月の縁から火星が現れる「出現」を見ことができます。北海道など月の出が早い一部の地域では、月に隠され始める「潜入」も観測できます。
 
 下の星図は、東京で出現となる0時15分ごろに、月が見える位置を示したものです。月の高度は6.7度で、地平線から昇ってから38分しかたっていません。

日本各地で見た月に対する火星の経路

 近年、東京で見られた火星食は、2019年7月4日 と 2021年12月3日に起こりました。しかし、いずれも昼間でした。東京で夜間に見られて高度が1度以上ある火星食は、1987年2月3日以来となります。同様の条件では、2042年3月4日まで見られませんから、ぜひこの機会にご覧になってください。

関連記事
  なし