地球と木星が大接近 2022年9月26日

 9月26日は地球と木星が大接近します。
 
 木星はおよそ13ヶ月に一度の頻度で衝となり、この頃に地球へ接近します。しかし、地球と木星の接近距離は、毎回同じというわけではありません。これは、地球も木星も公転軌道が真円でなく、少しだけつぶれた楕円軌道を描くからです。つぶれた割合を示す離心率は、地球と木星がそれぞれ 0.01670 、 0.04853 となっており、木星の方がつぶれ方が大きくなっています。
 
 次のグラフは、20年間にわたる木星と太陽の距離変化を表したものです。木星の公転周期である12年の周期で 4.9AU台半ばから、5.4AU台半ばまで変動しています。また、2023年の年初に木星が太陽へ最も近づくことがわかります。

20年間にわたる木星の日心距離(太陽との距離)

 
 また、次のグラフは、同じく20年間にわたる木星と地球の距離変化を表したものです。およそ13ヶ月の周期で、地球へ近づくのを繰り返しています。ここで谷の部分に注目しましょう。最接近時の距離は一定でなく、上のグラフに合わせて毎回少しずつ変化していますね。2022年の場合は4.0AUを切っており、地球へ大接近することがわかります。

木星の地心距離(地球との距離)

 さらに、下表の略算値で調べてみましょう。2022年の接近は1963年以来、59年ぶりとなる大接近です。また、今回以上に今後地球へ近づくのは2129年で、107年後のことになります。略算値ですので本当にそうなのかはわかりませんが。

地球と大接近する日時(約12年ごと) 地心距離(AU、略算)
1904年10月18日04時 3.9616
1915年09月17日09時 3.9610
1927年09月22日08時 3.9568
1939年09月27日11時 3.9517
1951年10月02日17時 3.9487
1963年10月07日22時 3.9524
1975年10月12日23時 3.9562
1987年10月17日22時 3.9592
1999年10月23日00時 3.9629
2010年09月21日07時 3.9539
2022年09月26日12時 3.9526
2034年10月01日15時 3.9530
2046年10月06日13時 3.9541
2058年10月11日17時 3.9536
2070年10月16日21時 3.9545
2081年09月15日02時 3.9619
2093年09月20日06時 3.9587
2105年09月26日06時 3.9578
2117年10月01日08時 3.9535
2129年10月06日13時 3.9482
2141年10月11日17時 3.9517
2153年10月16日21時 3.9572
2165年10月21日20時 3.9635
2176年09月20日01時 3.9619
2188年09月25日04時 3.9512

 なお、木星が太陽に最も近づく近日点通過は2023年1月21日で、太陽に4.9511AUまで近づきます。

関連記事
  2023年1月21日 木星が近日点を通過