金星と海王星が0.1度まで超大接近 2023年2月15日

 昨年に続き、2023年2月15日は金星と海王星が0.1度まで近づく超大接近となります。最も近づくのは22時前後で、「つるプラ」では2分角まで近づく表示になります。しかし残念ながら、この時間帯は地平線下ですので、実際は観測することができません。また、精度的に怪しいところもありますので、実際にどくらいの接近角になるかは定かでありません。
 
 下の星図は、日本で実際に東京で観測できる19時ごろのようすです。西空の低空に、まばゆく光る金星があります。そこへほとんど重なって海王星が表示されています。両天体の角度は8分を切っており、0.1度強といったところでしょうか。昨年に続いて超大接近です!

 14日と16日も間隔が1度台前半で狭いですから、両日も観測候補日ですよ。

日付 間隔(19時)
2月13日 2.5度
2月14日 1.3度
2月15日 0.1度
2月16日 1.1度
2月17日 2.3度
関連記事
  2022年4月28日 金星と海王星が0.1度を切る超大接近