4分の1欠ける月食 2017年8月8日

 2017年8月8日の深夜に部分月食が起こります。欠ける割合を示す食分は0.25となっており、月の直径のちょうど4分の1だけが欠ける、ちょっとひかえめな月食です。これは日本全国どこから見ても同じで、場所によって欠け方に違いはありませんし、月食が進行する度合いも同じです。

 地球の本影が月にかかり始めるのは2時22分頃です。そして1時間ほど経った3時20分頃に最大食を迎えます。さらに1時間ほどで、元の姿に戻ります。今回の月食では、全体的に月の高度が低くなっています。東京では開始の頃は26度ですが、最大食の頃は17度、終了の頃は7度といった具合に、どんどんと高度が下がっていきます。

地球の影を通る月の経路

月食前半のようす

月食後半のようす