明け方に皆既月食 2018年7月28日

 2018年7月28日は、1月31日に続いて皆既月食が見られます。今回は夜明け前に起こることから、地域によってどこまで見られるかが異なります。皆既月食が見られる地域もありますが、部分月食で終わってしまう地域もでてきます。本当は最大食分が1.6を超える深い皆既月食なのですが、夜明けを迎えることもあり、最大食を楽しむのは難しそうです。

 下に示した月食が見られる地域の図をご覧ください。日本付近を見ると U2 と U3 の線が通っています。まず、北日本を通る U2 のラインです。このラインよりも右側では、皆既月食となる前に月が沈んでしまいます。このラインよりも左側では、皆既月食が開始した時点で月は沈んでいませんが、日の出が迫っていることから、実際に皆既月食が見られる地域は、日の出や月没が遅い西の地域に限られます。

 次に、 U3 のラインです。このラインよりも右側のエリアでは、皆既月食が終わる前に月が沈んでしまいます。言い換えると、皆既中の状態で月が沈みます。日本では多くの地域が U2 と U3 に挟まれており、皆既中に月が沈むことがわかります。

 どの地域も月没が近くて月の高度が低いですから、南西から西の方角が開けた場所から観測するようにしましょう。

月食が見られる地域(NASA提供)

地球の影を通る月の経路

前半の欠け方

東京で月食が始まるころの位置