夕方にきわどい皆既月食 2021年5月26日

 2021年の5月26日の夕方、皆既月食があります。この皆既月食は食分が1に非常に近く、月が地球本影の端ギリギリを通過するのが特徴です。このため皆既継続時間は、20分にも満たない短いものとなっています。
 
 下に示したNASAが提供する月食図(月食が見られる地域)をご覧ください。月の出とともに月食が始まるU1のラインが日本列島を横切っています。この線よりも左側では、月の出の時点で既に月食が始まっており、月が欠けた状態で昇ってきます。逆に右側では欠け始めを見ることができます。
 
 月食は日の入り時刻頃となる18時40分台に、月の下側から欠け始めます。食の進行とともに右下側が欠けるようになり、次第に月全体が赤みを帯びてきます。20時を過ぎて皆既月食が始まると、月全体が赤銅色に染まって、なんともいえない美しさになります。
 
 しかし、皆既は20分も続きません。月の左側から明るくなり始めて復帰が始まります。時間の経過とともに、月の左側の光る部分が次第に増えていきます。そして、右上側へ地球の影が抜ける21時50分過ぎに、3時間あまり続いた月食が終了します。

月食が見られる地域(NASA提供)

地球の影を通る月の経路

前半の欠け方

後半の欠け方

東京で見える位置  ※星座は最大食の頃