伝統的七夕(旧暦による七夕)

 七夕といえば7月7日ですが、実はもうひとつ七夕があります。それは旧暦による七夕で、伝統的七夕、または旧暦による七夕などとよばれています。

伝統的七夕とは

 七夕といえば7月7日と思われるかもしれません。しかし、昔から行われていた七夕は、月の動きを基準にした旧暦に基づいていました。これは伝統的七夕や、旧暦による七夕とよばれています。旧暦による日付は現在の暦よりも1ヶ月程度遅れます。また、旧暦は月の満ち欠けにより月日が決まりますから、現在の暦に当てはめた旧暦の七夕の日付は毎年変わります。

旧暦について

 現在は太陽の動きを基準にした新暦(太陽暦)が用いられています。これに対して、新暦が誕生する明治6年まで使われていたのが旧暦または太陰暦とよばれる暦です。旧暦では月の満ち欠けによって日付が決まります。つまり、新月となる日がその月の一日(ついたち)となります。新月の日を含め、新月から何日目にあたるかによって、日付が決まるのです。ですから旧暦による7月7日は、新月から6日が経過していることになり、月齢は必ず6前後となります。

見やすくなる七夕の星たち

 現在の暦で七夕とされる7月7日頃は、本州・四国・九州あたりだと、ちょうど梅雨の時期にあたります。このため天候に恵まれないことが多い上に、七夕の主役となる星たちの高度も低く、今ひとつ盛り上がりに欠けます。これに対して伝統的七夕の頃は夏空が安定することが多く、織姫星や彦星、天の川の高度も高くなって、心ゆくまで七夕を楽しむことができます。

2016年の伝統的七夕は8月9日

 下の星図は2016年の伝統的七夕となる、8月9日21時の空の様子です。主役となる織姫星のベガや彦星のアルタイルは空の高い位置まで昇っており、7月の七夕と比べてずいぶんと見やすくなっています。天の川も高い位置にきていることから、空が暗い場所なら、肉眼でも雲が沸き立つように見えるでしょう。

 それでは東の方角から天高く見上げてみましょう。まず目に付くのが1等星3個でできた夏の大三角です。このうち織姫星のベガはほぼ頭の真上に見えます。織姫星は夏の女王ともいえる星で、1等星よりも明るい0等星に分類されています。夏の大三角のうち、最も南側に見えるのが彦星こと、アルタイルです。織姫星と彦星は仲良く天の川をはさんで川のほとりで輝いており、七夕伝説のとおりです。

 7月の七夕を見ることができなかった方は、あらためてこの機会に、七夕の星たちに思いを馳せてみられてはいかがでしょうか。

2016年の伝統的七夕、21時頃に見られる夜空

伝統的七夕の日付

 2000年から2050年までの伝統的七夕の日付を一覧表にまとめました。もしよろしければ今後の参考にしてください。調べた51年間ではほとんど8月ですが、7月31日となるケースが2006年と2044年に2回あります。しかし9月になる年は一度もなく、最も遅いのは2025年の8月29日となっています。

伝統的七夕
(旧暦の7月7日)
2000年 8月 6日
2001年 8月25日
2002年 8月15日
2003年 8月 4日
2004年 8月22日
2005年 8月11日
2006年 7月31日
2007年 8月19日
2008年 8月 7日
2009年 8月26日
2010年 8月16日
2011年 8月 6日
2012年 8月24日
2013年 8月13日
2014年 8月 2日
2015年 8月20日
2016年 8月 9日
2017年 8月28日
2018年 8月17日
2019年 8月 7日
2020年 8月25日
2021年 8月14日
2022年 8月 4日
2023年 8月22日
2024年 8月10日
2025年 8月29日
2026年 8月19日
2027年 8月 8日
2028年 8月26日
2029年 8月16日
2030年 8月 5日
2031年 8月24日
2032年 8月12日
2033年 8月 1日
2034年 8月20日
2035年 8月10日
2036年 8月28日
2037年 8月17日
2038年 8月 7日
2039年 8月26日
2040年 8月14日
2041年 8月 3日
2042年 8月22日
2043年 8月11日
2044年 7月31日
2045年 8月19日
2046年 8月 8日
2047年 8月27日
2048年 8月16日
2049年 8月 5日
2050年 8月23日

※旧暦による七夕の日付は、「つるちゃんの天文カレンダー」で調べることができます。当サイトのトップページから「ダウンロードとご購入」より、無料でダウンロードできます。

関連記事

 七夕の星を見つけよう

 ベガ(織姫星)

 アルタイル(彦星)