金星が外合 2018年1月9日

 昨年、夜明け前の東天を賑わせた金星が、1月9日に外合となります。
 
 太陽系の図をご覧ください。地球、太陽、金星がこの順に一直線に並んでいます。地球から見た金星は太陽の向こう側にあり、太陽と同じ方向に見えるので外合であることがわかります。こうなると、しばらく金星の天体観測はお休みですね。

太陽と地球と金星の位置関係

日の出時刻における金星の位置変化

 今年の金星は10月ごろまで、宵の明星として夕方の西空で輝きます。しかし上図のように、日没時点の高度があまり高くなりません。せいぜい30度止まりですから人目につきにくく、今ひとつパッとしない金星になりそうです。

関連記事
  2016年6月7日 金星が外合