火星大接近 2018年7月31日

 2018年は火星が地球へ大接近する年です。2018年7月31日は2003年以来15年ぶりの大接近となります。

火星大接近とは

 火星はおよそ 2年2ヶ月ごとに地球へ近づきますが、その距離は毎回異なります。それというのも、火星の公転軌道は円軌道ではなく、少しひしゃげた楕円軌道です。このため火星がどの位置で地球へ接近するかによって、地球との距離が異なります。下に示した太陽系の図を見れば、納得していただけるでしょう。2018年の場合、地球と火星が公転軌道上で最も近くなる位置で近づき、大接近することがわかります。

地球と火星の位置関係

どのくらい近づく?

 太陽系内の距離を表すのにはAU(天文単位)が使われます。1AUは地球と太陽との平均距離で、ざっと1億5千万キロです。このAUを使うと、今回の火星大接近では、0.385AUまで近づきます。キロメートルに直すと、5770万Km。値が大きすぎて遠いのか近いのかよくわかりませんが、火星との距離という意味では、相当に近い距離となっています。

火星の最接近日 地球との距離(AU) 備考
2001年6月22日 0.4502  
2003年8月27日 0.3727 (超)大接近
2005年10月30日 0.4641  
2007年12月19日 0.5893  
2010年1月28日 0.6640  
2012年3月6日 0.6737 小接近
2014年4月14日 0.6176  
2016年5月31日 0.5032  
2018年7月31日 0.3850 大接近
2020年10月6日 0.4149  
2022年12月1日 0.5445  
2025年1月12日 0.6423  
2027年2月20日 0.6779 小接近
2029年3月29日 0.6472  
2031年5月12日 0.5534  
2033年7月5日 0.4230  
2035年9月11日 0.3804 大接近
2037年11月11日 0.4936  

火星はいつ、どこに見える?

 それでは火星はいつ見えるのでしょうか。星座でいうと火星は今、やぎ座にあります。東京の場合、7月31日に火星は18時51分に東から昇ってきます。そして23時32分に南中し、4時18分に沈みます。ですから、一晩中見えるといっても過言ではありません。

 ここで重要なのは、何時に見るかということです。それは、見る時間帯によって見える方向が違ってくるからです。下の星図のように21時ごろですと、南東の空で、比較的低い位置に見えるでしょう。

肉眼での見え方

 火星大接近の夜、火星の明るさは-2.8等と非常に明るくなっています。21時ごろ南西の空に見える木星ですら-2.2等ですから、夕方見える金星を除き、どの星よりも明るく輝く星だと言えます。しかも火星は独特の赤い色をしています。軍人の星としてマーズ(MARS)の名で呼ばれるのもうなづけます。赤くて不気味なほど赤く光る星が火星です。

火星の動き

 火星は惑星ですから星座に対して日々動いています。下の星図は5月から10月にかけて、火星の動きを拡大したものです。最初のうちは右から左へ動く順行ですが、6月28日に動く向きを変えます。この日を境に左から右へ逆行を始めます。これは、火星よりも内側を回る地球が、外側を回る火星を追い越す時に起こり、一時的に逆戻りするように見えます。

 そして、7月31日の火星大接近を迎えます。その後は8月28日に再び向きを変えて順行に移り、右から左へ動きます。このように、火星はやぎ座を背景に宙返りをするような動きを見せます。一定間隔を開けて定期的に観察すると、火星の動きがわかって面白いですよ。

関連記事
  2003年 特集・火星大接近徹底解説 5万7千年ぶりと騒がれた火星の超大接近