火星が準大接近 2020年10月6日

 2020年10月6日に火星が地球へ準大接近します。2年前は大接近でしたが、今回2020年は準大接近という言葉を使いました。下のグラフは20年間にわたる火星の視直径の変化を表したグラフです。これを見れば2020年が準大接近だという意味が、おわかりいただけるのではないでしょうか。

20年間にわたる火星の視直径変化グラフ

 下は地球と火星の位置関係を示した太陽系の図です。火星の軌道はひしゃげた楕円ですから、地球と火星の接近距離は毎回異なります。今回は比較的近い位置で接近が起こっており、準大接近であることがわかります。

太陽系の様子(地球と火星の位置関係)

 次に、21時ごろに火星が見える位置を示した星図をご覧ください。火星はうお座の中にあり、東南東の空に見えることがわかります。明るさは-2.6等と非常に明るいですし、視直径も22.6秒と大きく、肉眼でも天体望遠鏡でも楽しめるでしょう。

10月6日21時 東南東の空に見える火星

関連記事
  2018年7月31日 火星大接近