好条件の皆既月食 2022年11月8日

 2022年11月8日は皆既月食が見られます。
 
 NASAが提供する月食図をご覧ください。西日本にP1のラインが通っています。この線よりも右側では半影月食も含めて月食の全経過を見ることができます。しかし、肉眼で観測する限りこのラインは無視してよく、日本全国で本影による月食を全経過ご覧いただけます。夕方の見やすい時間帯に起こりますし、非常に好条件です。
 
 本影による月食は18時9分に、月の左下が欠け始めることで始まります。19時16分になると皆既月食が始まり、赤銅色に染まった美しい月が見られます。最大食は19時59分で、食分は1.36と十分なものです。皆既継続時間も1時間26分に達し、たっぷり楽しめます。
 
 20時42分になると皆既が終わり、復帰が始まります。21時49分には部分月食も終わり、本影による月食が終了します。

月食が見られる地域(NASA提供の月食図)

地球の影を通る月の経路

前半の欠け方

後半の欠け方

東京で見える位置  ※星座は最大食の頃

 ところで今回の月食では、皆既月食中に天王星食が見られます。一部の地域では、皆既中の月が天王星を隠すという稀有な天文現象が見られますから、こちらも要注目です。