2019年で2度目の日食 2019年12月26日

 2019年は1月6日に続いて12月26日にも日食が見られます。1年という短い期間に日食が2度も見られる珍しい年です。しかし、太陽が大きく欠ける地域はありません。最大食までは日本全国で見ることができますが、一部の地域では、太陽が欠けた状態のまま沈んでいく日入帯食(または日没帯食)となります。

日食が見える地域

 この日食はインドネシア方面で見られる金環日食に伴うものです。金環帯が日本列島の本州に平行して走るため、全国的に同じような食分になります。とはいえやはり、南へ行くほど食分が大きくなり、太陽も大きく欠けます。
 
 NASAより提供される日食図を見ると、日本全国で日食が見られることがわかります。しかし、赤い線が日本列島の中心を南北に走っています。この線よりも東側(右側)では日食の終了を見ることがでまきせん。大雑把にいうと、西日本では日食の終了まで見ることができますが、東日本では太陽が欠けたまま沈みます。

日食が見える地域

提供:NASA

日食の見え方

 下に示した日本各地で見られる太陽の欠け方の絵をご覧ください。太陽が最も大きく欠けるのは沖縄県の那覇で、太陽直径の半分弱が欠けます。その他の地域は北海道を除くと食分が0.3台ですから、概ね3分の1ほどが欠けて見えます。北海道の札幌では食分が0.26ですから、4分の1ほどが欠けることになります。
 
 東京での始まりは 14時28分、食の最大は15時35分、終了は16時35分ですが、終了時点での太陽は地平線下にあります。

日本各地での太陽の欠け方

東京から見た日食の経過

東京で日食が見える位置